借りられない人が借金前に確認すべきこと

ブラックでも借りれる金融業者があるからと言って手放しでは絶対に食いついてはいけません。何故なら金融によっても融資率に大きな差があるからです。あるいは正規の金融屋だと思ったら闇金だったなんてこともあります。だからいくら切迫していてもお金の貸し借りには細心の注意を払う必要があるのです。

そもそも本当にブラック?金融へ駆け込む前に要確認!

そもそもブラックだと思ったらブラックじゃなかったというパターンもあるあるです。ブラックじゃないのに金融業者から融資を受けられた人が「ブラックなのにお金を借りれた!」と言っていることも多々あります。だから情報は的確に精査する必要があるんです。

ではどんな状態がブラックか?ブラックの定義は金融機関の個人信用情報に登録されることです。それも一生掲載されるわけではなく、期間は5年となっています。自己破産であれば10年間ブラック状態が続きます。これは個人信用情報機関に確認すればわかることです。

まずは自分の置かれた状況を冷静に見極め、その後で的した金融業者を見つけましょう。

闇金と正規の金融業者は区別がつきにくい件

中小の消費者金融なら、ブラックでも借金が可能なところもあります。しかし金融によって融資率に極端な差があったりするので冷静に見極める必要があるんです。

中には違法な金融業者、いわゆる闇金とわからずに融資を受けてしまう人もいます。お金に困っていて切迫していると「とりま借りれるならなんでもOK!」と手放しで申し込んでしまう人もいます。

正規の消費者金融と闇金とで区別をつけるのは実際難しいです。しかも金融によっても融資率に大きな差があるのできちんと比較検討できることが肝要です。ですから是非このサイト(ブラックでも借りれる金融紹介)を活用し、自分に適した金融業者を選んで下さい。